関節

股関節は肩こりやねこ背の改善に重要 !

肩こりのある人は股関節が硬い

厚生労働省の調査によると、肩こりが女性ではⅠ番、男性でも2番目

に感じている人がいるそうです。

 

肩こりの原因を調べると、肩こりは、首の後ろから肩にかけて

広がる僧帽筋、首から肩甲骨につながる肩甲挙筋、そして肩甲骨を

真ん中に寄せる菱形筋などの筋肉がこわばることで起こります。

 

こうした筋肉は、5キロあるといわれる頭を支える首の骨「頚椎」

をサポートしています。

頚椎は背骨の一部であり、背骨の上部にある骨のことです。

 

ところが、背骨が曲がり、頭が前に傾いてしまうと、前傾しない

ように筋肉ががんばらなくてはなりません。

そこで、筋肉を硬くして、頭の前傾を引き止めようとするために、

筋肉のこり(肩こり)となってしまうのです。

 

人の頭は、後ろよりも前に傾きやすい構造になっています。

なぜなら、ひざや腰などの関節のつくりによって、体自体が前には

傾いても、後ろには傾かないようになっているからです。

もし、後ろに倒れたら、頭を打った場合、脳にダメージが生じます。

椅子に座ってうとうとすると、頭は前に倒れますが、めったに後ろには

倒れません。

 

前に倒れやすい頭を、もっと前に傾けてしまうのが、股関節のゆがみです。

股関節は、頭を支える首の骨、頚椎を含む背骨の土台です。

股関節がゆがんでいると、頭の重みでどんどん前に傾いてしまいます。

スポンサードリンク

ねこ背の原因は股関節にある

すっとした姿勢を保とうとしても、気を抜くとすぐに「ねこ背」に

なることはありませんか?

 

ねこ背がなおらないのは、正しい姿勢を維持する方法を知らないからです。

姿勢をキープするために意識しなければならないのは、下半身です。

下半身を整えてから上半身を整えると、長時間姿勢は正しく維持できます。

 

下半身を整えるための根本は、股関節です。

股関節が整っていれば、足は上半身の重みをバランスよく受け止め、

姿勢を正しい位置に保つことができます。

 

股関節は、骨盤を支える大きな関節です。

そのため、股関節がズレると骨盤もゆがんでしまいます。

骨盤が前に傾くと、腰から背中のSカーブが深くなります。

ひざが曲がって、太ももが太くなり、お尻が出て、背中が丸くなり、

ねこ背になります。

 

ねこ背は、マイナスの印象を与えます。

さらに見た目だけではなく、疲れやすくなります。

ねこ背だと、重力に対してバランスよく立ち続けるために、

必要以上に筋肉を酷使するからです。

 

ねこ背の人は、股関節を整えて、姿勢を正しくしたいものです。

スポンサードリンク

 

-関節