2 ダイエット 4 糖尿病

糖質の摂りすぎはなぜ危険なのか !

人は太りやすいようにできている

間食をする上で、血糖値は重要なキーワードです。

人のからだは、血糖値をちょうどよい範囲に保つ機能が備わっています。

それが、インスリンです。

 

このインスリンの働きに注目して、

まず、食べたものは消化されて、糖質がブドウ糖へと分解されます。

ブドウ糖は血流に乗って全身に運ばれるため、血糖値が上昇します。

そして、インスリンの力を借りて各臓器で利用され、血糖値はもとに

戻ります。

 

この食事と血糖値の変化のサイクルが穏やかに回っていれば、健康維持は

もちろん、思考力や集中力も安定的に働かせることができます。

しかし、「食べ物」や「食べ方」を間違えて、サイクルがうまく回らなく

なってしまうと、すぐに病気にはならなくても、体に負担がかかります。

 

肥満や疲労、不調などは、血糖値のサイクルがうまくいかなくなっている

サインといえます。

スポンサードリンク

血糖値と病気の関係は知っておくこと

健康な人であっても、「食べ物」や「食べ方」に無頓着であれば、

血糖値のサイクル不良は必ず起こっています。

血糖値が急激に上がって、インスリンが大量に分泌されているのです。

 

そして、この急激なインスリンの分泌が、集中力の低下や次の食事の

食べすぎを引き起こします。

 

じつは、インスリンというのは、不器用で大雑把な働きをします。

急激に上がった血糖値に対して、上がりすぎないように調整するだけの

はずが、今度は行きすぎて、急に血糖値を下げ、一気に低血糖状態に

してしまうのです。

これを「反応性低血糖」と呼びます。

 

血糖値が下がると、頭がぼっーとしやすい状態が「反応性低血糖」の

症状です。

低血糖になると、体は糖質を欲求します。

だから、昼食から数時間以内にクッキーや菓子パン、スナック菓子など、

糖質が高いものが食べたくなります。

 

その欲求に従って食べると、さらにインスリンが多く分泌され、

反応性低血糖を招いて、もっと糖質が食べたくなるという悪循環に

つながります。

 

満腹が不健康の元になる

糖質を欲求する悪循環は、糖質を摂りすぎるだけではありません。

ブドウ糖を摂りすぎてしまったとき、インスリンは、余分なブドウ糖を

脂肪へと変化させ、脂肪細胞に蓄積されるように働くことで、

血糖値を下げています。

つまり、使いきれなかったブドウ糖は、インスリンの力で脂肪となるのです。

 

これは、人の体に備わっている「飢餓対策機能」です。

人がこんなに安定して食べ物を得られるようになったのは、ここ数百年

のことです。

それ以前は、すぐに食べ物が不足していたために、余分なエネルギーを

脂肪として体に蓄えることにしたのです。

 

もし、食べ物が不足してしまったとしても、脂肪からふたたびブドウ糖を

合成すれば、しばらくは生き残れるということです。

しかし、現代においては、この機能が裏目に出ているのです。

糖質の多いものを食べれば、せっせと脂肪が蓄積されてしまい、

生活習慣病への道をたどることになります。

 

糖質の摂りすぎは、危険だと認識することです。

スポンサードリンク

 

-2 ダイエット, 4 糖尿病