2 ダイエット

太らない食べ方2 !

朝食のパンの選び方

クロワッサンよりフランスパン、食パンなら、1食に6枚切りを1枚。

朝食でいつもパンを食べる人は、種類の見直しをします。

クロワッサンやデニッシュ、メロンパンが好きな人は、食パンや

フランスパン、バターロールに代えるとカロリーが下がります。

 

甘いデニッシュやメロンパンは、1個で300kcal以上あります。

デニッシュよりベーグル、レーバンより肉まんを選びます。

食パンは6枚切り1枚で、ごはん1杯とほぼおなじカロリーです。

バターとジャムをつけるとカロリーが増えるので、少なめにして食べます。

また、スープやサラダも忘れないように。

スポンサードリンク

朝食抜きは太るもと

朝食をぬくと、そのあと食べるもののエネルギーの吸収率が高くなって、

体に脂肪がつきやすくなります。

太らない人は、朝食をしっかり食べています。

 

単品だけの食事は避けて、卵などのタンパク質、野菜のビタミンや

ミネラルを併せて摂るようにすることが大切です。

 

パン党の人は、パンとコーヒーだけではだめです。

ゆで卵と野菜サラダをプラスして、コーヒーのかわりにカフェオレに

するだけで、栄養バランスがよくなります。

胚芽パンや雑穀パンにするとよりヘルシーですね。

 

ごはんの場合も、納豆とごはんだけでは野菜不足になります。

具だくさんのみそ汁を加えます。

このひと手間が大切です。

 

夕食で心がけること

揚げ物などのこってりしたものは避ける。

寝る3時間前までには食べることです。

 

食事のあとも活動的な昼食と違って、夕食後は体を休ませる時間です。

食べすぎは、脂肪に直結します。

こってりした肉料理や揚げ物などは、なるべく昼に食べ、夜は魚料理

など軽めの食事を心がけます。

 

食べる時間にも注意が必要です。

食事は消化するのに、3~6時間はかかるといわれています。

夕食は、遅くとも寝る3時間前までにすませることです。

遅くなつたときは、雑炊など軽めの食事にします。

 

夕食が遅くなるとわかっているときは、夕方おにぎり1個食べて、

夕食はおかずだけ食べるようにすると肥満のリスクが減ります。

スポンサードリンク

 

-2 ダイエット