2 ダイエット

太らない食べ方1 !

2018/02/13

やきそばやチャーハンを安心して食べるには

やきそばは、めんは半分にして、にんじんやピーマン、もやしなど

の定番野菜や細切りにした白菜をたっぷり加えると、白菜のシャキシャキ

とした歯ごたえもおいしい。

 

チャーハンは、ごぼうやレンコン、にんじんなどの根野菜を細かく切って

入れると、ごはんが半分でも歯ごたえがあり食べごたえがあります。

スポンサードリンク

パスタのカロリーを減らすには

パスタソースは、キノコでかさを増す。

キノコはカロリーが少なく、パスタ料理のかさ増しには最適です。

 

えのきやしめじは、めんと一緒にゆで、エリンギやしいたけは、

細かく切ってミートソースに加えます。

パスタや肉をその分減らしても満足できます。

 

ハンバーグをヘルシーに作る

ハンバーグは、肉を減らして、キノコやおからを入れて和風にする。

ハンバーグは、ひき肉を」半分に減らして、みじん切りにしたネギと

エリンギを加えて、キノコのうま味をプラスします。

 

ソースは、大根おろしとポン酢で、エリンギの代わりにえのき、しめじ、

マッシュルームでもよいです。

ひじきとおからを加え、下味にみそを少し加えた和風もなかなかです。

 

冷しゃぶをヘルシーに

冷しゃぶは、お湯にくぐらせて余分な脂を落とすので、低カロリーの

おかずです。

 

さらに、きゅうりやトマト、レタス、わかめ、こんにゃくなどを添えて

サラダ風にすれば、栄養バランスのよいヘルシー食品になります。

 

タレは、梅とめんつゆやポン酢で、海藻やこんにゃくの食物繊維で

腸内環境もきれいになります。

 

安心して食べられる牛丼

肉じゃがや牛丼は、しらたきでボリュームアップする。

しかもカロリーもダウン。

肉じゃがや牛丼は、しらたきを増やすことでボリューアップします。

しらたきは、食物繊維が多く、腸内でかさが増えるので、お腹が一杯に

なりやすい。

 

しらたきは、鍋物やチャーハン、炒め物などさまざまな料理のかさ増しに

利用できます。

スポンサードリンク

 

-2 ダイエット