1 健康長寿

ハチミツが健康維持に効く !

ハチミツには健康成分が多い

ハチミツは、昔から食べられています。

紀元前5000年のエジプトでは、すでに養蜂が始まっていたようです。

その頃に作られたピラミッド内に置いてあったハチミツのツボが、

20世紀になってから発見され、しかもその中のハチミツは、腐敗も

していなくて、十分に食べることができたというエピソードがあります。

 

ハチミツの成分の80%は糖分で、残りのほとんどが水分です。

その他、ビタミン類、ミネラル類、有機酸、必須アミノ酸、酵素、

ポリフェノールなどが含まれています。

スポンサードリンク

ハチミツの効能

○疲労回復

ごはんやパンなどの炭水化物を食べると、腸内で分解・吸収されて、

最終的にブドウ糖と果糖になって血液に吸収されます。

ハチミツの糖分は、果糖とブドウ糖が大半なので、すでに消化された

状態のため、吸収が速く、疲労回復のエネルギー源となります。

 

○殺菌・抗菌力

ミツバチは、花からとった蜜を体内にある酵素で、果糖とブドウ糖に

分解し、羽ばたきによって水分を蒸発させて、10分の1程度まで濃縮する。

 

侵入してきた最近は、浸透圧の高いハチミツによって、水分を奪われ

死滅するのです。

さらに、ハチミツはPH3.8の強酸性なので、殺菌効果を発揮します。

 

○整腸作用

ハチミツの酵素によりブドウ糖が酸化することにより、生成される

グルコン酸は、有機酸の中で唯一大腸にまで達して、ビフィズス菌や

乳酸菌を育てて、悪玉菌の増殖を阻止し、整腸作用を発揮します。

ハチミツが、便秘にも下痢にも効くのはこのためです。

 

○腸内の老廃物を分解

ハチミツの中に含まれる酵素がタンパク質の消化を促すほか、

グルコン酸の作用も加わって、起用力な整腸作用を発揮します。

 

○血圧を下げる

豊富に含まれているカリウムが、血液中の塩分(ナトリウム)の排出を

促して血圧を下げます。

 

さらに、肝機能をよくする成分が含まれています。

また、ハチミツ・オリゴ糖が、血糖やコレステロールの低下や

免疫力の強化に効果を発揮します。

 

こんなに体によい

ハチミツを毎日食べてみませんか?

スポンサードリンク

 

-1 健康長寿