1 健康長寿

歯磨きが命を守る ! 歯周炎にならないために 

歯周病で歯をなくす

今さら歯を磨くのか、と思うかもしれませんが、歯磨きの重要性は

昔も今も変わりません。

歯周病の理解が進むにつれて、歯磨きはより大切になってきました。

 

中高年が歯を失う最大の原因は、歯周病です。

歯周炎は、歯ぐきについた、プラーク(白いネバネバ)によって起こります。

この中には悪玉菌がたくさんすんでおり、酸や毒素を出しています。

 

これが歯ぐきにつくと炎症を生じ、放置すると歯肉と歯の間にすき間が

できます。

すると、ブラークがその中に入り込んで、炎症がひどくなって歯肉が

腫れたり、血が出るようになります。

行き着く先は「歯槽膿漏(しそうのうろう)」です。

そして、歯を支えている骨が溶けて歯がぐらぐらしてきます。

 

歯をなくすとどうなるでしょうか。

食事が不自由になり、美味しく食べられなくなります。

また、歯がなくなると顔つきが変わってきます。

さらに、ものをかむときの刺激が脳に届かなくなるので、ボケやすい

ともいわれています。

スポンサードリンク

歯周炎から内蔵の病気に

それだけではありません。

歯周炎はさまざまな体の病気を引き起こすことがわかってきました。

歯肉には、小さな血管がたくさんあります。

そのため、歯ぐきの病巣から細菌や毒素などが血液に入り込み、

全身のさまざまな臓器に広がりやすいのです。

 

また、もっとも怖いのは心臓病で、歯周炎は細菌性心内膜炎や心疾患、

動脈硬化などと関連しているといわれています。

 

歯周炎は、高齢者の肺炎ともかかわっています。

高齢者は、しばしば食物や唾液を誤って気管に入れてしまいます。

その食物や唾液が細菌に汚染されていると、肺炎を起こします。

歯周炎の患者には口の中に悪玉菌がたくさんいるので、この肺炎に

なりやすいのです。

 

歯周炎と糖尿病の関係

さらに重要なのは、歯周炎と糖尿病の関係です。

糖尿病の患者は、細菌感染を受けやすく、歯周炎を起こしやすい

ことがわかっています。

 

また、重症の歯周炎があると血糖コントロールが悪くなり、

糖尿病が悪化することがわかっています。

 

心臓病や肺炎は、直接生命を脅かします。

糖尿病には、怖い合併症が多く、命を危険にさらします。

つまり歯周炎は、ある意味では「命がけ」なのです。

 

1日3回、食後3分以内に3分間歯を磨きます。

(3・3・3の法則)で健康を維持したいものです。

スポンサードリンク

 

-1 健康長寿