93腰痛・ひざ痛

腰痛の多くは意識して体を動かすと治る !

2018/01/15

運動によって改善されることが多い

腰痛や神経痛などの痛みは治りにくいので、つい安静にしたりして、

湿布薬などで、治そうとします。

 

しかし、じっとしていても治ることは少ないのです。

わたしは、坐骨神経痛を数回経験していますが、結果としては、

ウォーキングと股関節の動きで改善することができました。

 

腰痛には、運動しない方が良い場合もありますが、次の症状が

ある場合には、運動やストレッチをすると改善しやすいことがあります。

 

・安静にしていても痛みが軽くならない

・しだいに悪化する

・発熱している

・下肢がしびれたり、力が入らない

上記の症状があれば、まず、整形外科で運動の可否を確認すると

より安心です。

腰痛の原因で、重い病気がなければ、安静にしていると逆に治りが

遅くなってしまいます。

 

脊椎や椎間板の変形がすべての腰痛の原因とはいえません。

わかっていないことも多いのです。

ですから、骨や関節の変形をあまり気にしないで、可能な範囲で

日常的な運動を行った方がよいのです。

スポンサードリンク

太ももを鍛える

立ち上がるときの痛みや、姉貴出すときのひざ痛のほとんどは、

「変形性膝関節症」が原因といわれています。

初期の場合には、筋力増強訓練で、「大腿四頭筋」を鍛えるとよいのです。

「大腿四頭筋」は、全身の筋肉のなかで、最も強くて大きい筋肉で、

ひざ関節へのさまざまな衝撃からひざを守る役割があります。

 

やり方は、簡単です。

1.仰向けに寝て、両足を伸ばします。

2.片足ずつかかとを15センチ上げて、5~10秒キープします。

これを左右交互に20回行います。

1日に2回、朝と夕方に行います。

 

スポーツで大腿四頭筋を鍛える

水中歩行や水泳は、体重がひざにかからずに筋肉の鍛錬ができるので、

有効な方法です。

 

ウォーキングやゲートボールなどの軽い運動もよいのですが、

スポーツの場合は、ひざに負担がかからないように、底の厚い靴を

はくことが大切です。

痛みを感じたらすぐに中止します。

無理をしないことが大切です。

 

肥満の人は、減量も併せて実施することがベストです。

スポンサードリンク

 

-93腰痛・ひざ痛