21ウォーキング 93腰痛・ひざ痛

こりとりウォーキングは肩こりの解消と姿勢がよくなる !

こりとりウォーキングは、手のひらを前向きにして歩く方法です。

この歩き方で、肩こりの解消と姿勢がよくなります。

 

重心を意識する

姿勢を気にしている人は多いのですが、重心を意識している人は

少ないようです。

足のどこに体重を乗せぱよいか、足のどこを意識して歩けばよいか、

正しい知識があれば、姿勢は自然によくなります。

 

立っている時でも歩いているときでも、体の重心を乗せる場所は、

土踏まずのやや後ろ側になります。

そこに体重を乗せた状態が、もっとも筋肉を使わずに立てる場所です。

スポンサードリンク

重心のかけ方で、人は太って見える

体に弊害のある重心があります。

それは、「つま先重心」です。

ヒールの高い靴を履くようになったり、親指の筋力がなくなったり、

歩かなくなったりしたなどの理由で、つま先重心の人は増えている。

 

重心が前側にある人は、常にスキーのジャンプのようになっている

状態です。

前傾姿勢によって、ふくらはぎが張ってしまうことから、足の冷え性や

むくみなどに悩まされます。

 

また、重心が前にあるとねこ背になりやすく、骨盤が前傾してしまい、

下腹がポッコリと出るために太ってみえることもあります。

 

効果が出やすい「こりとりウォーキング」で歩く

こりとりウォーキングの基本は、手のひらを前に向けて歩くことです。

そして、歩くときに、あえて腕を「後ろ」にフルことです。

 

普通に歩くと、どうしても腕が前に振って歩いてしまいます。

そこで、意識的にできるだけ大きく腕を後方に振るようにします。

意識して行うことで、肩こりや腰痛がより改善されるのです。

 

この歩き方は非常に簡単です。

手のひらを前に向けるだけでも効果が出そうな気がします。

実際に意識して慣れるまで実践していけば、効果が期待できます。

スポンサードリンク

 

-21ウォーキング, 93腰痛・ひざ痛