ウォーキング 腰痛・ひざ痛

肩こりの治し方は手首にある !

2020/11/30

肩こりの原因

肩こりの経験がない人は、あまりいないと思いますが、なぜ、肩こりが起こるのかはよくわからないという方がほとんどだと

思います。

しかし、肩が張っていても肩こりの自覚がない人もいれば、肩の筋肉が柔らかいのに、肩が重い、だるい・こるという人もいます。

筋肉が硬いから肩こりと考えがちですが、そうでもないのです。

 

何らかの原因で、筋肉が伸ばされると、血管も同じように伸ばされます。

それによって、血管が細くなり血流が悪くなります。

すると、老廃物が排泄されにくくなり、筋肉内の酸素も少なくなります。

 

肩こりの感覚は、筋肉自体の硬さによって感じるものではなく、血流が滞った場所にたまる老廃物が排泄されなくなることで、感じる症状なのです。

スポンサーリンク

肩こりを治すスイッチ

肩こりを治す簡単な方法があります。

肩こりを治すスイッチは、手首の向きを90度変えるだけです。

具体的には、手のひらを前に向けるだけです。

 

簡単ですね。

手のひらを正面に向けて歩くだけで、内側に巻いていた肩が、自然に矯正されて、内側にへこんでいた胸部が前方に突出し、ねこ背も改善されます。

さらに、静止しているよりも、動いている状態の方が効果は出やすいのです。

 

こりとりウォーク

手のひらを正面に向けて歩くだけが「こりとりウォーク」です。

たったこれだけで、悪い姿勢や慢性的な肩こりが解消されるだけでなく、腰痛やヒザ痛、頭痛、さらには、自律神経の症状などが改善されたという実績があります。

 

この「こりとりウォーク」は、歩くこと全般において実行します。

通勤中やショッピング、仕事中、家の中など、歩く時には、この歩き方で歩くようにします。

最初は、少し恥ずかしいかと思いますが、少しずつでもやってみることが大切です。

どうしても人目が気になるようでしたら、手のひらを90度ではなく45度くらいでもかまわないので、実行することです。

スポンサーリンク

 

お問い合わせ

 

お問い合わせ

    -ウォーキング, 腰痛・ひざ痛