16自律神経

自律神経を鍛えて体脂肪を燃焼する !

無駄な動きを増やすだけで自律神経は鍛えられる

自律神経が活発に働いていれば、食欲をコントロールできるだけでなく、

体脂肪をどんどん燃やせる体になります。

 

逆にいえば、自律神経を鍛えて、その活動レベルを上げないかぎりは、

体脂肪の燃焼もうまくいきません。

さまざまなダイエット法を実施したとしても、筋肉量が落ちて、すぐに

リバウンドすることは明らかなのです。

 

しかし、自律神経を鍛える方法はあるのでしょうか?

それが、簡単な方法で鍛えられるのです。

スポンサードリンク

とにかく「ちょこちょこ動く」

自立神経を鍛えるには、とにかく動くことです。

それもちょこちょこ動くことが手っ取り早い方法なのです。

 

立ったり、座ったり、歩いたり、立ち止まったり、わけもなく、意味もなく

無駄にちょこちょこ動くのです。

「落ち着きのないやつだな」と周囲の人からあきられるほど、自律神経は

鍛えられます。

 

なぜなら、動くたびに心拍数や血圧なども上がりますから、自然と

自律神経も働きだすのです。

ちょこちょこ動くほど自律神経は、働かざるをえなくなり、鍛えられて

いくのです。

 

動作を3分ごとに切り替えるのがポイント

自律神経は、全身の器官や組織に張り巡らされていて、そのときどきの

環境や体の状態、動きなどに反応しながら消化器官や呼吸器官などの

働きを微調整し、血圧つや心拍数などを一定の状態に保っています。

 

ところが、同じ姿勢や動作が3分以上続くと、血圧も心拍数も安定します。

そのために、自律神経は調整のために働く必要がなくなってしまうのです。

この時間が長ければ、自律神経を刺激できず、鍛えることができないのです。

 

自律神経を鍛えるには、同じ姿勢や動作の時間を長くしないことが

大切です。

できたら、3分ごとに動きを変えたり、姿勢を変えたりというように

ちょこちょこと動くことがよいのです。

スポンサードリンク

 

仕事中では難しいかもしれませんが、

意識して動くようにして、自律神経を鍛えましょう。

-16自律神経